大学生の一人暮らしにかかる費用はどれくらい?

女性

大学での一人暮らし

大学進学ともなれば、一人暮らしを始める方も多いでしょう。一人暮らしは実家暮らしとは違い、制限がなく自由度の高い生活を送ることが可能です。しかし、その反面、一人暮らしには家賃や生活費が必要になり、暮らしの水準が実家暮らしよりも低くなるということが多いです。その為、大学生から一人暮らしを始めるという方はその辺りを考慮しておく必要があります。

集合住宅

一人暮らしにかかる費用

大学の一人暮らしにかかる費用は、地方と都心かによって異なり、また選ぶ物件によっても違ってきます。ただ、一般的に大学の一人暮らしにかかる費用はおよそ100万円前後必要で、実家暮らしよりも大きな負担となります。学寮を使えば、負担自体は減らすことができますが、それだとルールや制限があります。一人暮らしする際には、賃貸物件を借りるか、学寮に住むかを考えた上で決めるといいでしょう。

[PR]
京都マンスリーマンションの情報を公開中
快適な空間を低価格で提供中

賃貸契約時に用意しておくもの

  • 住民票
  • 印鑑証明
  • 収入証明
  • 保証人関連書類
  • 銀行印
  • 通帳
  • お金

賃貸物件に求めるもの

賃貸物件を契約する際には、設備にこだわりたいという方も少なくありません。実際、設備から賃貸物件を選んでいるという方もいるほどです。賃貸物件に求めるものは人それぞれですが、今人気がある5つの設備をこれからご紹介していきます。

賃貸物件にあったら嬉しい設備ベスト5

部屋
no.1

エアコン

最近では夏、冬の温度差によって体調を崩される方も沢山います。そのような背景から賃貸物件ではエアコンが人気です。エアコンの有無で物件を選ぶ方が大半を占めており、エアコン付き賃貸物件は多少の家賃が高くても人気な模様です。

no.2

クローゼット

おしゃれを欠かせない現代人にとって男女問わず、服をしまう事ができるクローゼットの有無は重要になってきます。クローゼットにも色々なタイプがありますが、中でも鏡付きのクローゼットは女性の方から人気です。

no.3

インターホン

意外にも来客への対応を意識した方が多く、インターホンがランクインしました。最近は特にTVモニター付きのインターホンを取り付けている物件も多く、一人暮らしの方から複数の家族で暮らしている方々まで幅広く人気です。

no.4

オートロック

セキュリティを重視してオートロックの賃貸物件を選ぶ方も増えてきました。オートロックを導入している賃貸物件は全体の1、2割程度ですが、それでも以前よりも着実に増えています。一人暮らしの女性にはオススメな設備でしょう。

no.5

エレベーター

今では一般的にも普及していますがエレベーターも人気の設備の一つです。エレベーター自体は3階以上で建てられた物件に多く、地方より都心の方が多い傾向にあります。3階以上の賃貸物件で暮らすことをお考えならエレベーターを検討してもいいでしょう。

[PR]
大学入学前に一人暮らしをしよう
物件選びがもっとも重要

広告募集中