HOME>レポート>誰にも頼らなくてもマンスリーマンションなら活用できる

誰にも頼らなくてもマンスリーマンションなら活用できる

集合住宅

契約の流れを理解する

東京にはたくさんのマンスリーマンションがありますが、特に東京23区内に集中しているのがポイントです。実際にマンスリーマンションを選ぶときには、普通の賃貸住宅との重要な契約があります。契約をする場合には、通常の賃貸住宅に比べると手続きが簡単になっています。通常の賃貸住宅の場合は、保証人を用意しなければなりませんが、マンスリーマンションの場合には保証人を必要としないため手間が一つ省けることになるでしょう。また、敷金と礼金を必要としないところがほとんどですので、契約時に支払う費用も少なくなります。このように考えれば、契約をするときに必要なのは初回の料金と本人証明書を提示することぐらいですので、ほとんどビジネスホテルを借りるのと変わらないことがわかるはずです。

インテリア

サービス内容を理解する

東京でマンスリーマンションが流行している理由は、流動性の高い地域だからです。東京のマンスリーマンション自体は、通常の賃貸住宅と異なりすぐに引っ越しができるように家具や家電などが最初から置かれているサービスがあります。もともと1か月程度の滞在を予定している住人人ばかりになりますので、家具や家電などをおいた方が引っ越しのたびにたくさんの荷物を運び込む手間も省けるでしょう。また、サービスの一つとしてクリーニングサービスが存在しています。クリーニングサービスとは、仕事に忙しい会社員のために定期的に清掃係の人に部屋まで来てもらい掃除をしてもらうサービスです。1か月あたり、5000円程度でお願いすることが可能です。

広告募集中